2017年4月28日金曜日

4月23日 ナガミヒナゲシ

最近、急速に帰化したヨーロッパ原産のケシ科ケシ属の植物です。
種子を多量につけ、しかも砂利の下からでも発芽・生育・開花するために在来植生を被圧する可能性があります。
花はなかなか綺麗ではあるものの、わざわざ栽培したりするのはやめましょう。阿片の原料となるアルカロイドを含まないのが救いです。
まあ、いずれにしても植物には何の罪もないので可愛そうですが…






2017年4月27日木曜日

4月22日 サクラ色々

一口にサクラとは言っても、その種類によって開花期は千差万別。
ヤエザクラの仲間は比較的に開花が遅いものが多いようです。
この木は色が濃い花を咲かせるのでカンザンなどの濃色系の品種だと思います。
サクラ茶やアンパンの上に乗せられたりする桜の花の塩漬けはヤエザクラの花で作られます。






2017年4月26日水曜日

4月23日 ムベの花とアケビの花

アケビは日本にも自生する落葉つる性樹木で、その果実は甘い中身や、味噌を詰めて焼いてほろ苦い風味を楽しむ皮が有名です。
ムベはアケビにそっくりな果実をつけて、その中身は同様に甘く食べられるのですが、常緑のつる性樹木です。
果実はそっくりですが、その花はずいぶんと違います。調べてみたら両方ともアケビ科ですが、アケビはアケビ属、ムベはムベ属なのですね。


アケビの花(4月15日撮影)



ムベの花(4月22日撮影)



ムベの花(4月22日撮影)

2017年4月25日火曜日

4月23日 アリウムの仲間

ヒガンバナ科ネギ属の球根植物です。
品種名は忘れてしまいましたが、団地にゲリラ定植したものがどんどん増えて草原のようになっています。どうも種子で繁殖している様子。花壇だから良いようなものの、気を付けないと逸出して帰化すタイプですね。
花は可憐ですが、ネギくさいのです(笑)






2017年4月24日月曜日

4月23日 チューリップ

春を告げる花のチューリップもそろそろ終盤戦です。
団地にゲリラ定植した白地に緑のラインが入るこの品種は、大変丈夫で毎年花を咲かせてくれます。
ちなみにチューリップはユリ科チューリップ属に分類されています。






2017年4月23日日曜日

4月15日 スミレいろいろ

春になるとたびたび出てくるスミレの仲間。
種類はちっともわかりません。写真だけアップします。
本当は植物図鑑できちんと調べなくてはいけないのですが…。54歳にもなると億劫な時があるのでご勘弁ください(笑)






4月15日 ヒメリュウキンカ?

非常に野性的な風情で小川のほとりに咲いていました。
自信はないのですが、ヨーロッパ原産のキンポウゲ科キンポウゲ属のヒメリュウキンカだと思います。
もしそうだとすると、逸出(エスケープ)したものということになります。
美しい花ですが、あまり増えると困りますね…。