2016年9月29日木曜日

9月24日 仙台にて トチノキ

このブログも今回で1,500回をむかえることができました。ページビューも年内には目標としてきた100,000PVを越えそうです。日ごろからお付き合いいただいている皆様に、厚く御礼申し上げます。

トチノキ
Aesculus turbinata
ムクロジ科トチノキ属
原産地:日本(特に東北以北に多い)

種子はアクを抜いて、栃餅の材料になるなど古くから日本人の食生活に深く関わってきた樹です。また、木材として利用されたり、最近では街路樹としての利用も見られ、ユーティリティープレーヤーぶりを発揮していますね(笑)
ちなみに、いかにもフランス的な名前の「マロニエ」は、トチノキの仲間のセイヨウトチノキです。














2016年9月27日火曜日

9月24日 仙台にて 野草など

東北大学の学内には立派な植物園があります。
いわゆる青葉山をその一部としているのですが、昼休みに歩いてきました。
カタクリなども見られるようなので、今度はゆっくりと早春に訪れたいものです。


カラマツソウ?






2016年9月26日月曜日

9月24日 仙台にて 秋の気配

9月最後の週末は、仙台で過ごしていました。
某学会参加のために、東北大学のキャンパスに詰めていたのですが、暇をみつけて学内で植物や菌類を撮影したので、今週は番外の仙台編をアップします(笑)

東北・仙台はすっかり秋の気配でした。




2016年9月25日日曜日

9月17日 ミズヒキ

写真を撮るのが難しい植物のひとつです。

ミズヒキ
Persicaria filiformis
タデ科イヌタデ属の多年草
原産地:日本、中国など

お祝いの際の包装などに用いられる紐状の「水引き」が語源といわれています。
その名の通り、ヒョロヒョロとした花穂は写真に撮るのが難しく、いつも悩んでしまいます。
どちらかというと、日陰気味の湿気たところが好きな草で、今回も小川のほとりで花を咲かせていました。




2016年9月24日土曜日

9月17日 カヤ

日本のアーモンド?

カヤ
Torreva nucifera
イチイ科カヤ属の常緑針葉樹
原産地:日本、朝鮮半島など

丸い実の中の種子は、炒ったり蒸したりして食用にすることができます。形はアーモンドに似ていますが、針葉樹なので少々個性的な香りがあります。
生育は遅めの樹で、緻密な木材がとれるために、高級な碁盤やまな板などにも利用されます。




2016年9月23日金曜日

9月17日 石化、帯化

植物の茎や花が、遺伝的、外的(細菌、食害など)要因によって、変形して主に帯状になることを、「石化」「帯化」と言います。

石化したダイズやヤナギ類は生け花の材料に使われたり、多肉植物は石化したものが品種として固定されて親しまれています。

今回は、珍しいカラスウリの石化です。良く見ると茎に虫害痕がありますので、それが原因かもしれません。




2016年9月22日木曜日

9月17日 ヤブツルアズキ?

花の形と葉の形状から見ると、ヤブツルアズキでしょうか?

ヤブツルアズキ
Azukia angularis
マメ科アズキ属の一年草
原産地:日本などの東アジア

当種はアズキの原種と考えられています。この雑草が無ければ、餡子が存在しなかったのかと思うと、感慨深いものがありますね(笑)

よく似た植物にノアズキがありますが、花の形状や葉の形が少々異なります。決定的には莢の形状が異なり、ヤブツルアズキはアズキとそっくりな円形断面の長い莢をつけ、ノアズキは絹サヤエンドウの様な莢をつけることです。

もう少し秋が深まったら、莢の形を確認に行きたいと思います。