2018年6月17日日曜日

6月1日 ブリスベン(オーストラリア)編 町中の植栽など

町中の植栽には、寒さに強いミニシクラメンと、亜熱帯植物のアンスリウムやカラテアなどが一緒に植えられていて面白いのですが、管理は行き届いて美しいのが印象的です。また、いたるところに壁面緑化が施されており、こちらは観葉植物が中心に植栽されています。






2018年6月16日土曜日

6月1日 ブリスベン(オーストラリア)編 芝生いろいろ

ブリスベンで見かけた芝生は、バーミューダグラス(ティフトン?)とセントオーガスチングラスらしきものがメインでした。
公園などでは、バーミューダグラスに寒地型芝草(ライグラス類)のオーバーシードが行われているところもあり、非常に美しい景観となっています。もちろん、基本的には立ち入りOKで、寝転がったり走り回ったり、羨ましい光景でした。


バーミューダグラス



バーミューダグラス



バーミューダグラス+オーバーシード 生育初期で養生のため立ち入り禁止となっています。



セントオーガスチングラス?



バーミューダグラスとセントオーガスチングラス?が混じっていますね。



オーバーシードされた公園の芝生



羨ましい光景ですね。

2018年6月14日木曜日

6月1日 ブリスベン(オーストラリア)編 ビカクシダの仲間

この仲間は台北でも多く見かけました。種(Species)は違うかもしれませんが、日本でも観葉植物として室内で栽培されることがある、雄大な草姿のシダ植物です。




2018年6月12日火曜日

6月1日 ブリスベン(オーストラリア)編 木々の花

5月末から6月初頭にかけて、オーストラリア・ブリスベンに行く機会がありました。
今週は、そこで見かけた植物たちをごく簡単にご紹介します。

ブリスベンの季節は、ちょうど真冬というところで、朝晩はフリースが欲しくなるくらい冷え込みますが、どうやら氷点下にはならないようです。その証拠に台北とも共通する亜熱帯の植物が元気に育っています。

日本でもお馴染みのブーゲンビレアや、パパイヤなどはごく普通に植えられています。また、台北でも見かけた濃いピンクのユリのような花をつける木も元気に生育していました。


ブーゲンビレア



ブーゲンビレア



パパイヤの花



ユリのような花を咲かせる木



ユリのような花を咲かせる木



ソーセージツリーの実

2018年6月9日土曜日

5月27日 アジサイとホタルブクロ

今年の春は一気に暖かくなり、サクラを始めとした植物たちの花が10日から2週間ほど早く開花した感じでした。
アジサイも早めのような気がしますが、ホタルブクロはこの時期の開花だった気がします。




ナミハナムグリが食事に来ていました。

2018年6月6日水曜日

5月27日 クリ

クリ
ご存知の木の実(ドングリ)。
ブナ科クリ属の落葉広葉樹です。

この時期に、生臭いような独特の香りを放つ花を咲かせます。白く房状に見えるのが雄花で、雄花の花序の基部に小さな雌花があります。
雄花は昆虫たちが大好きで、私のような昆虫好きにはとても嬉しい花です。


雄花



雌花



雄花の蕾とヘリグロベニカミキリ

2018年6月3日日曜日

5月19日 ハナイカダ 

ハナイカダ
ハナイカダ科ハナイカダ属の落葉低木です。

春に葉の中央に花をつけるという珍しい植物です。この時期は葉の中央に実がついています。雌雄異株ですが、この実は黒く熟すと食べられるとの事。何となく食欲がわく感じではありませんね(笑)