2017年8月18日金曜日

8月13日 ネムノキ

マメ科ネムノキ属の落葉高木です。
日本では本州以西に自生します。

マメ科で荒地でも生育し、崩落地などでも最初に侵入するパイオニア植物です。横浜では山手のレストラン「山手十番館」の大木が見事です。
今回の株は、お庭に植えられていたもので、小さく剪定がかけられていました。

名前の由来は夜になると閉じる葉っぱから。オジギソウとは違って触っても閉じませんよ。

ちなみに漢字で書くと「合歓木」
夫婦円満の象徴だそうです。






2017年8月16日水曜日

8月12日 イヌビワ

クワ科イチジク属の落葉小高木です。
本州以西に自生します。

横浜市栄区では、林縁に今回のようなかなり大きな株を見ることができます。この時期にイチジクそっくりの果実を沢山つけます。食べられるのですがあまり美味しくないようです。

イヌビワコバチというハチと共生関係にあり、イヌビワコバチはイヌビワの果実がないと生きられず、イヌビワもイヌビワコバチがいないと受粉できないという切っても切れない間柄です。

どうしてそういう道をお互いに選んだのか、イヌビワとイヌビワコバチに聞いてみたいものです…。




2017年8月14日月曜日

8月12日 コバノカモメヅル

ガガイモ科カモメヅル属の多年生つる植物。
関東以西に広く自生しているようです。

最近のAPG分類ではキョウチクトウ科に分類されるようですが、草全体の雰囲気はガガイモに似ています。ガガイモの種子はいわゆる「ケサランパサラン」の一つなのですが、こいつの種子も同じような雰囲気らしいので秋が深まったら確認したいと思います。

小さな星形の花ですが、渋い美しさがありますね!




2017年8月13日日曜日

8月5日 ヒルガオ

ヒルガオ科ヒルガオ属の多年草
この株は非常に色が濃く、花弁も分離しかかった感じです。通常のヒルガオでは無いのでしょうか?

ヒルガオはあちこちに自生しているのですが、このようなタイプはあまり見たことがありません。葉を見る限りはヒルガオだと思えるのですが…






2017年8月11日金曜日

8月5日 ハイビスカスの仲間

ハワイのイメージのハイビスカス。実は様々な仲間や親戚筋が日本でも園芸などに利用されています。

学名にHibiscus(ハイビスカス)がつくものは、ムクゲ、ハイビスカス、フヨウ、スイフヨウ、アメリカフヨウ、モミジフヨウ、ハマボウ(日本原産)などがあります。

いずれも、大きくて派手な一日花(もしくは数日)をつけ、蕊の造形も独特です。

また、親戚筋としては、タチアオイやケナフ、トロロアオイやオクラなどがあげられます。


フヨウ



フヨウ



ブッソウゲ(いわゆるハイビスカス)



2017年8月9日水曜日

8月5日 ルコウアサガオ

ヒルガオ科ルコウソウ属の一年草です。
花は直径2~3センチ程度でごく小さいのですが、普通のアサガオではあまり見かけない真紅で良く目立ちます。

普通のアサガオはヒルガオ科サツマイモ属ですので、まあ親戚筋というところでしょうか。今回は、フウセンカズラと一緒にフェンスに絡みついていました。フウセンカズラより緑が濃く、厚ぼったい深裂する葉がルコウアサガオの葉です。






2017年8月8日火曜日

8月5日 ヘクソカズラ

可愛そうな植物名ナンバーワンのヘクソカズラ(屁糞葛)
たしかに、全草に異臭がありますが、それほどひどい匂いとも思われません。ムラサキシキブなんていう植物がある一方で、ヘクソカズラやママコノシリヌグイなんていう名前もあるのが面白いですね。また、ヘクソカズラは、ヤイトバナやサオトメカズラという別名もあり、こちらは少々ましな名前に思えますね(笑)

アカネ科ヘクソカズラ属の多年草であるヘクソカズラ。実は意外と変異が多く面白い植物です。花の筒状部分が長いツツナガヤイトバナや、葉が厚く花も綺麗なホシザキハマサオトメカズラ(これは素敵な名前(笑))、ビロードヤイトバナなどが存在します。

今回は標準的なヘクソカズラと、ホシザキハマサオトメカズラと思われる花をアップします。


標準タイプ



標準タイプ



ホシザキハマサオトメカズラ?



ホシザキハマサオトメカズラ?

2017年8月7日月曜日

8月5日 アサガオ様々

栽培されるアサガオには様々な種類があります。今頃咲いているのは、リュウキュウアサガオ(ノアサガオ)や日本アサガオですね。

ヘブンリーブルーに代表される西洋アサガオの開花期はもう少し遅いものが多いようです。

日本では、江戸時代から様々な品種が作出されてきました。今回は、屋外で見るのは意外と珍しい変化咲もあったのでアップしておきます。





少し分かりづらいかもしれませんが、花弁が分離して八重状になったものです。実物はもっと綺麗なのですが、写真では美しさが伝わりませんね…。

2017年8月6日日曜日

8月5日 ゲンノショウコ

フウロソウ科フウロソウ属の多年草
日本では古くから生薬として、下痢止めなどに利用されてきました。

「煎じて飲めば、下痢はピタリとおさまる。これが現の証拠」というわけで「ゲンノショウコ」になったといわれています。
横浜には、よく似ていますが、葉が深裂するアメリカフウロも帰化しているので注意が必要です。

なかなか可愛らしい花で、関西にはピンクのタイプ、関東には今回のような白っぽいタイプが多いようです。白いタイプでもブルーの雄蕊が素敵だと思います。




2017年8月5日土曜日

7月30日 魚眼レンズ習作たち

最終回です。
今回は、色々と取り合わせで(笑)


ヒルガオ。写真撮って気づきましたが、ハチが花の中で雨宿りしていました。




ランタナ。世界の侵略的外来植物ワースト100にランクインしている強烈な奴。様々な花色があり、花色も変化するので「七変化」の名前もあります。メタリックな実の質感もなかなかのものです。ツマグロヒョウモンが遊びに来ていました。



もの凄く不安定な構図ですが、ノーファインダー撮影なのでご勘弁を。滴の輝きをストロボで表現しました…。表現したつもりです(笑)

3回に分けて魚眼レンズ系の写真を取り上げました。まだ、慣れていないので失敗が多いのですが、植物が生育する環境も併せて写しこむには良いと思います。


2017年8月3日木曜日

7月30日 魚眼レンズ習作たち

前回に引き続き。
今回は、真夏に花を咲かせ続ける、貴重な花木たちです。


ノウゼンカズラ。つる性の植物で、梅雨入り頃から夏中ずっと花を咲かせ続けます。遠くからでもオレンジ色が目立つので、すぐに存在が分かります。



キョウチクトウ。八重で大輪のタイプです。乾燥や排気ガスにも極めて強く、道路法面や公園などにも良く植栽されます。しかし、全体に極めて強い毒性を持つので、絶対におままごとなどに使ってはいけません。



サルスベリ。これも夏の花の代表です。白やピンク、赤など花色も様々で、最近では紫色っぽいものもあります。再生力が強く、庭に植えられると強剪定されることが多いのですが、自然樹形は風格があり、古木になると見事です。

2017年8月1日火曜日

7月30日 魚眼レンズ習作たち

7月30日は午前中は雨で、午後もパラッと降ったりする不安定な天気でした。
魚眼レンズ系とストロボの組み合わせの勉強をしようと表に出たものの…。
失敗の連続で、ロクな写真が撮れませんでした…(泣)

実は、チョウの飛翔写真の練習と思って、フォーカスもマニュアルにして、ほとんどがノーファインダー撮影でした。

そんなわけで、今週はかろうじて撮れた植物写真の羅列でご勘弁ください…。
来週からは真面目にやりますので(笑)


ジニア(ヒャクニチソウ)。昔ながらのタイプです。乾燥にも強く夏の花壇には欠かせない品目です。最近はホソバヒャクニチソウとヒャクニチソウのハイブリッドタイプが多くなっています。



ボタンクサギ。クサギの仲間で、葉は癖のある匂いですが、花は大変に良い香りで、癒されます。



トウガラシの仲間。毎年同じ場所で見ますが、宿根しているのかもしれません。